はるひブログ

カテゴリ「教育・研修・訓練」のブログ記事

呼吸ケア管理室主催の職員向け勉強会を開催しました

2019年8月8日(木)に呼吸ケア管理室主催の職員向け勉強会を開催しました。

今回の勉強会は、善野臨床検査技師が「肺機能検査について~検査のやり方と結果の見方~」をテーマに開催しました。

当院は、呼吸器疾患専門病院のため呼吸器疾患をお持ちの方が多く来院されます。そうした患者さまの幅広い疾患に対応するため、専門的な呼吸機能検査機器を数多く設置しています。 

今回の勉強会では、当院が診療で使用する肺機能検査6種類の説明がありました。それぞれの機器でどういったことが検査できるか、呼吸器疾患患者の検査結果はどういった特徴をもっているかなど実例を用いて詳しくお話しいただきました。

最後の質疑応答では、日頃から患者さまに多く接している職員から、検査に関する疑問など多くの質問がありました。

当院では、このような勉強会を通して、看護師やコメディカルの知識の向上と医療の質の向上に取り組んでいます。

★DSC_1592

◎愛知県清須市・北名古屋市で肺がん、肺炎、間質性肺炎等の呼吸器科の疾患症状でお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください

呼吸ケア管理室主催の職員向け勉強会を開催しました

 2019年6月27日(木)に呼吸ケア管理室主催の職員向け勉強会を開催しました。

 今回の勉強会は、慢性呼吸器疾患看護認定看護師の西村師長が「NPPVマスクを制する者はNPPVを制す!!と言っても過言ではないくらい重要なマスクフィッティングを、体験しながら学びましょう」をテーマに開催しました。

 NPPV (Noninvasive Positive Pressure Ventilation: Ventilation:非侵襲的陽圧換気)とは、侵襲的気道確保(気管挿管)なしに行う人工呼吸法です。

 NPPV装着中の管理において、患者さまに治療に対する拒否感を与えてしまうか、“呼吸が楽になった感覚”を覚えていただけるか、また効果的な治療に結びつけるつけることができるか。これらは、マスクフィッティングおよびマスクの選定技術がとても大きく影響します。

 今回の勉強会では、NPPVにおけるマスクフィッティングがいかに重要であるかを学ぶ機会となりました。導入時のマスクフィッティングは、患者さまがNPPVを受け入れるために非常に重要になります。どのタイプのマスクを選ぶと良いのか、各マスクの特徴や、フィッティングのコツや工夫などすぐに実践に活用できるような知識を学びました。

 勉強会後半には、実際に人工呼吸器を用いて、マスクフィッティングの実習を行いました。患者さまの立場になり、マスクや人工呼吸器の感覚などを体験することで、患者さまに寄り添った看護を行えるよう取り組んでいます。

 当院では、このような勉強会を通して、知識の向上、医療の質の向上に努めています。

 

DSC_1568

DSC_1570

 

◎愛知県清須市・北名古屋市で肺がん、肺炎、間質性肺炎等の呼吸器科の疾患症状でお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください

 

呼吸ケア管理室による勉強会「人工呼吸器基礎研修会」を開催しました

2019年5月に呼吸ケア管理室主催の職員向け勉強会を開催しました。今回の勉強会は、「人工呼吸器基礎研修会」をテーマに行いました。

当院で採用している人工呼吸器の基本操作についての勉強会を年に2回、慢性呼吸器疾患看護認定看護師である西村師長と西城ME(臨床工学技士)・宮本MEが講師となり全職員を対象に開催しています。

当院は、呼吸器疾患専門病院であるため人工呼吸器を扱う機会が多くあります。今回の勉強会では、急性期に使用することが多い人工呼吸器をメインに、3機種を対象とし、各人工呼吸器の回路構成、基本操作、注意点やロック解除などの緊急時の対応などの解説がありました。人工呼吸器の種類によって、リークの有無などの装着するマスクの種類、電源を落とした時の設定リセットの有無などが異なるため、緊急時に全職員が対応することができるよう基本的な人工呼吸器の操作についての知識を深めることができました。このような勉強会を年に2回開催することで、人工呼吸器の知識の定着を図っています。

当院では、呼吸器疾患専門病院として、専門性の高い医療を提供できるよう取り組んでいます。

 

★DSC_1422

★DSC_1425

★DSC_1427

 

◎愛知県清須市・北名古屋市で肺がん、肺炎、間質性肺炎等の呼吸器科の疾患症状でお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください

齊藤院長が講演を行いました

5月15日に大同病院で開催されました「名古屋南部呼吸器学術研究会」において、当院の齊藤院長が講演を行いました。

【講演概要】

講演会名:名古屋南部呼吸器学術研究会

講師名 :院長 齊藤雄二
講演内容:「最新の間質性肺炎の診断と治療」
開催日時 : 2019年5月15日
開催場所 : 大同病院

今後もこのような講演会を通じ、患者さまが信頼できる医療の質の向上を目指していく所存です。

呼吸ケア管理室主催の職員向け勉強会を開催しました

 2019年4月30日(火)に呼吸ケア管理室主催の職員向け勉強会を開催しました。

 今回の勉強会では、中山主任が「体験から学ぶ『患者に寄り添った口腔ケアの実践』」をテーマに講演しました。

 口腔ケアは、高齢や病気などで介護が必要な人の口の中を清潔にして感染症を防ぐため、欠かせないケアとなっています。当院においても吸入ステロイド薬による口腔カンジダ予防や人工呼吸器関連肺炎予防などを目的に、呼吸器疾患の患者さまにとってとても重要な看護ケアとして実施されています。

 勉強会では、口腔ケアについての説明と、受講者が患者役、看護師役となり実際に口腔ケアの実践を行いました。口腔観察、歯ブラシや口腔ケアスポンジを使用した口腔ケアを行い、実際に患者さまの身になって、痛みや感覚について学ぶ、貴重な経験となりました。口腔ケアは、技術だけではなく、患者さまとの信頼関係も大切であり、患者さまに寄り添った口腔ケアを学ぶ機会となりました。

 当院では、このような勉強会を通して、知識の向上、医療の質の向上に努めています。

DSC_1434

◎愛知県清須市・北名古屋市で肺がん、肺炎、間質性肺炎等の呼吸器科の疾患症状でお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください。

齊藤院長が講演を行います

当院の齊藤院長が以下のセミナーで特別講演を行います。

【講演概要】

講演会名:IPF Seminar in FUKUI

講師名 :院長 齊藤雄二
講演内容:「突発性肺線維症の治療戦略」
開催日時 : 2019年5月31日
開催場所 : 福井フェニックスホテル

※一般参加不可です

今後もこのような講演会を通じ、患者さまが信頼できる医療の質の向上を目指していく所存です。

検査科による勉強会「感染による肺炎について」を開催しました

 2019年3月29日に検査科主催の職員向け勉強会を開催しました。今回の勉強会は、「感染による肺炎について~診断と治療に必要な検査とその結果の見方~」をテーマに行いました。

 肺炎は、細菌、ウイルス、その2つの中間的な性質をもつ微生物(非定型)の3つの原因微生物によって分類されます。今回の勉強会では、細菌性肺炎である肺炎球菌肺炎、ウイルス性肺炎であるインフルエンザ、微生物による非定型肺炎であるマイコプラズマ肺炎についてそれぞれの特徴や症状、検査、診断方法などの説明がありました。

 また、肺結核や非結核性抗酸菌症などの治療に注意が必要となる細菌検査についての詳しいお話もありました。

 今回の勉強会では、感染による肺炎の種類やその診断に関わる検査について理解を深めることができました。

 今後もこのような勉強会を通し、呼吸器疾患の発信地として、呼吸器疾患診療の向上に貢献してまいります。

 

190329_検査勉強会

◎愛知県清須市・北名古屋市で肺がん、肺炎、間質性肺炎等の呼吸器科の疾患症状でお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください。

第59回日本呼吸器学会学術講演会にて発表を行います

当院の医師が、第59回日本呼吸器学会学術講演会にて発表を行います。

【講演会】
講演会名:第59回日本呼吸器学会学術講演会
講演テーマ:Human Chainで切り拓く新時代の呼吸器病学
      ~Communication, Cooperation, Creativity~
開催場所:東京国際フォーラム
 
開催日 :2019年4月12日
演者  :呼吸器内科 医局長 小橋 保夫
演題  :「当院におけるびまん性肺疾患に対するTransbronchial Cryobiopsyの使用経験」
 
開催日 :2019年4月14日
演者  :呼吸器内科・呼吸器外科 直海 晃
演題  :「小児喘息として経過観察され呼吸苦を機に発見されたSwyer-James症候群の1手術例」
 
今後もこのような講演会を通じ、患者さまが信頼できる医療の質の向上を目指していく所存です。
 

医療安全講習会を行いました

 2019年3月15日に医療安全対策講習会を行いました。

 今回は、「医療安全文化の醸成と医療ガスに係る安全管理のための職員研修」をテーマに、第一部に医療安全文化の醸成について、第二部に医療ガスの安全管理について講習会を実施しました。

 第一部では、病院の医療安全に大切な”医療安全文化”について説明を行いました

 医療安全の目的は、患者の命を守ること・医療従事者の健康を守ること・医療の質を高めることなどがあげられます。それらを実現するために必要なのが安全文化の形成です。

 医療安全文化は、Ⅰ,事後的な取り組みを行う反応型 Ⅱ,上から指示された取り組みを行う依存型 Ⅲ,個人での取り組みを進める独立型 Ⅳ,チームでの取り組みを行う相互啓発型があります。医療安全を高いレベルで行うには、相互啓発型の安全文化を醸成していく必要があると講義がありました。

 第二部では、医療ガスの安全管理について講習会を行いました。当院は、呼吸器疾患専門病院であることから、通常の病院より医療用酸素の取り扱い頻度が高くなっています。それら酸素関連機器を安全に取り扱えるよう実際の取り扱いの注意事項について講義がありました。

DSC_1311

 

◎愛知県清須市・北名古屋市で肺がん、肺炎、間質性肺炎等の呼吸器科の疾患症状でお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください。

小橋医師が講演を行います

当院の呼吸器内科医の小橋医局長が以下の2つの学会・講演会で講演を行います。

【講演概要1】

講演会名:第6回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会東海地方学会

講演内容: 「肥満低換気症候群(OHS)におけるAVAPS-AEの活用法」
講師名 :呼吸器内科 医局長 小橋 保夫
開催日時 : 2019年4月6日
開催場所 : 名古屋大学

【講演概要2】

講演会名:Global Expert Seminar for IPF -Dr.Harold R Collard 来日講演会-

内容  : パネルディスカッション
講師名 :呼吸器内科 医局長 小橋 保夫
開催日時 : 2019年4月15日
開催場所 : 名古屋マリオットアソシアホテル

※一般参加不可です

今後もこのような講演会を通じ、患者さまが信頼できる医療の質の向上を目指していく所存です。

ページの先頭へ