はるひブログ

カテゴリ「休診・外来診察情報」のブログ記事

日本呼吸器学会 認定施設の取得について

 平成28年12月9日に開催された日本呼吸器学会の理事会にて、はるひ呼吸器病院は日本呼吸器学会専門医制度認定施設及び、日本呼吸器学会専門医関連施設として承認されました。

 法人が2012年10月に開設して以来、呼吸器疾患の専門病院としてこれまで培ってきた実績が認められた賜物だと職員一同実感しております。

 今後も呼吸器専門病院の使命として、専門医やスタッフの育成のほか、地域の医療機関との連携や勉強会などを通して、呼吸器疾患の治療の向上に貢献してまいります。20170111

新年のご挨拶

 みなさん、明けましておめでとうございます。

 昨年は、東海地方唯一の呼吸器専門病院として、呼吸器病理の世界的権威である米国Mayo ClinicのColby教授に来院して頂き、講演をしていただきました。講演には、名古屋大学呼吸器内科学の長谷川教授をはじめとし、東海地域の呼吸器専門医の方々、多数ご参加いただき、当院を見て頂いて、多くの賞賛をいただきました。大変喜ばしいことです。今年も再度Colby先生に来院して頂き、講義と症例検討をすることが決定しています。

 更に今年度から、当院が日本呼吸器学会教育認定施設になることが決まりました。これにより当院は日本呼吸器学会と日本アレルギー学会、両学会の教育認定施設となります。

 また、4月より長崎大学病理学講座より堤教授が赴任して頂くことも決定しています。

 このように今年は、当院が東海地区における呼吸器疾患の専門病院として着実に一歩ずつ踏み出していく年と考えています。

 「病気を診ずして病人を診よ」という当院の理念に沿いながら、大鷲のように大きく羽ばたく年にしていきたいと思っています。

 よろしくご協力、ご支援のほどお願い申し上げます。

 

初日の出

<はるひ呼吸器病院屋上からの初日の出>

はるひ呼吸器病院

院長 齊藤 雄二

 

新任医師紹介

 11月より呼吸器内科・呼吸器外科として勤務している直海 晃(なおみ あきら)医師をご紹介いたします。

 

 はじめまして。11月より呼吸器内科・呼吸器外科に赴任しました直海 晃です。

まだ赴任して間もないため不慣れな部分はあると思いますが、患者さまに寄り添った診療を心掛けています。地域のみなさんに貢献できるようがんばりますので、宜しくお願い致します。

20161213-02≪直海医師の外来診療日は水曜日と土曜日です!≫

12月の休診・代診のお知らせ

 12月の休診・代診についてお知らせ致します。

●12月14日(水)須ヶ口クリニック 呼吸器内科 齊藤院長休診のため、呼吸器内科 米田医師の代診となります。

●12月15日(木)はるひ呼吸器病院 呼吸器内科 齊藤院長休診

●12月17日(土)はるひ呼吸器病院 呼吸器内科 齊藤院長休診のため、呼吸器内科 米田医師の代診となります。呼吸器内科 小橋医師休診のため、呼吸器内科 直海医師の代診となります。

●12月21日(水)はるひ呼吸器病院 呼吸器外科 小田医師休診

 

◎年末年始の案内

●12月29日~1月3日は、はるひ呼吸器病院・須ヶ口クリニックともに休診となります。なお、救急対応は行っておりますので急な発熱・喘息発作等のときははるひ呼吸器病院へご連絡ください。

インフルエンザ・高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ

 10月15日よりインフルエンザ・高齢者インフルエンザの予防接種の予約を開始致します。当院でのインフルエンザの予防接種は予約制となります。

 

≪接種期間≫ 平成28年10月15日(土)から平成29年1月31日(火)の間

 

 インフルエンザの予防接種は接種を受けた後、抗体ができるまで3~4週間かかります。そのため、インフルエンザが流行する12月中旬までに抗体をつけておくためには、11月末迄の接種をする必要があります。

 接種を希望される方は、総合受付にお越し頂くか問い合わせ窓口:052-400-7111へお気軽にご連絡ください。

20161013

法人広報誌 「清須の息吹」を作成しました。

 当法人では新病院・新医院開設に伴い、法人広報誌「清須の息吹」を発行することといたしました。病院や医院の受付にて配布しております。

 「清須の息吹」は毎月発刊をしていきます。皆さんのお役に立つ情報を発信していければと思い、作成しておりますので是非ご覧になってください。

清須の息吹 7月号

00001

00002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛知県広域予防接種をはじめました。

 接種を希望する方が住民登録している市町村以外にある医療機関でも定期予防接種を
受けることができるようになる制度です。
 接種される方の体調、薬の服用歴、アレルギー等身体状況を日ごろから把握されている
かかりつけの先生による予防接種を推進し、また、安心、安全な接種が受けられる体制を
つくることで、予防接種を受けやすくするために行われるものです。

【対象者】

・住民登録している市町村以外の市町村にかかりつけ医がいる者
・長期に入院治療を要し、住民登録している市町村で予防接種を受けることが困難な者
・里帰り出産、家庭内暴力等のため、住民登録している市町村以外での予防接種を希望する者
・高齢者施設等に入所のため、住民登録している市町村以外での予防接種を希望する者。
・その他市町村長が対象者と認めた者

【対象予防接種】
高齢者肺炎球菌、高齢者インフルエンザ

【接種までの流れ】

1.接種を希望される方の普段かかっている医療機関が住民登録している市町村以外にあり、かかりつけの先生による定期の予防接種を希望する場合や住民登録している市町村以外の高齢者施設等に入所されている方は、まずは先生にご相談ください。

2.ご相談の結果、かかりつけの医療機関での接種が可能となりましたら、住民登録している市町村の担当窓口へ申し出て、ご相談ください。

3.市町村の説明を受けましたら、接種に必要な書類をお持ちになり、かかりつけの医療機関にて接種してください。

ページの先頭へ