法人のご案内

医療法人清須呼吸器疾患研究会は、2016年5月1日、「はるひ呼吸器病院」、「須ヶ口クリニック」、「訪問看護ステーション ゆう」、「ケアプランハウス ゆう」を開設いたしました。

医療法人清須呼吸器疾患研究会とは

1東海地方唯一の呼吸器疾患診療を専門とした医療法人

呼吸器専門の医療機関としては全国で唯一、急性期から慢性期、在宅診療まで患者さまのステージに合わせた医療サービスの提供を行っている医療法人です。
当法人では、日本呼吸器学会指導医・専門医、日本アレルギー学会指導医・専門医など呼吸器疾患に関する経験豊富な人材が診療を行っております。「はるひ呼吸器病院」では64列CT、1.5テスラMRI、超音波気管支内視鏡、精密肺機能検査装置を整えました。「須ヶ口クリニック」においてもCTや精密検査機器を整え、病院と同等の検査診療を行うことができます。さらに「はるひ呼吸器病院」では、呼吸器外科を新設し、あらゆる呼吸器疾患について外科的対応も行うことができるようになりました。

2救急医療から在宅診療まで途切れることのない診療・看護を提供

「はるひ呼吸器病院」は、二次救急に対応するほか、集中治療を行うHCU、急性期に質の高い医療を行う一般病床、在宅復帰を目指す医療療養病床によって構成され、途切れることのない診療・看護を実現しています。
さらに自宅で診療が必要となった場合は、訪問診療とともに、「訪問看護ステーション ゆう」、「ケアプランハウス ゆう」で、患者さまに合ったさまざまな医療サービスをご利用いただけます。

3医療情報システムの共有化により、継続的かつ一貫した診療を実現

患者さまの検査・診断・治療に欠かせないカルテ・画像は、法人内の医療機関であれば、どこでも活用できる体制を確立しています。「はるひ呼吸器病院」、「須ヶ口クリニック」、在宅、すべてにおいて継続的かつ一貫した診療を受けていただくことができます。
また「須ヶ口クリニック」は病院と同等の呼吸器検査・診断機能が整っているため、咳が出る、息苦しい、健診を受けたい時など、お気軽にご利用いただけます。

ページの先頭へ