呼吸器治療の発信地として

清須呼吸器疾患研究会は2012年10月に開設して以来、呼吸器疾患の専門病院として発展してきました。
これまで間質性肺炎・COPD・喘息・肺がんなど多くの呼吸器疾患の患者さまを診療させていただき、患者数は増加しております。
これまで培ってきた実績を活かし、呼吸器病院としての専門性をさらに高め、地域に貢献していきたいと考えています。

患者数の実績(2016年)

外来患者延べ患者数 13,243人/年
入院患者延べ患者数 27,684人/年
健診受診者  394人/年

当院の特徴

呼吸器専門医による診療

院長は日本呼吸器学会指導医(専門医の指導をする医師)、専門医です。さらに2名の専門医が在籍しております。

教育施設として認定

当院は日本アレルギー学会、アレルギー専門医教育研修認定施設です。院長はアレルギー学会指導医であり、さらに1名の専門医が在籍し、気管支喘息や慢性咳嗽など、内科的なアレルギー疾患の治療にあたっています。

長崎大学医学部病理学教室と提携

診断の精度を上げるため、長崎大学医学部病理学教室と提携し、診断ディスカッションをリアルタイムで行えるインターネットシステムを構築。より正確な検査診断を目指します。

ページの先頭へ