はるひブログ

カテゴリ「市民公開講座」のブログ記事

7月28日市民公開講座「間質性肺炎のおはなしー最新治療と予防ー」のお知らせ

2018年7月28日(土)に当院の齊藤院長が市民公開講座を開催します。「間質性肺炎のおはなしー最新治療と予防ー」をテーマに講演します。

間質性肺炎の6割は原因不明とされています。間質性肺炎の確定診断のための最新の検査、そして最新治療と予防法をご紹介します。

ご予約は、052-400-7111㈹までお電話ください。みなさまのご参加、お待ちしています。

 

※ご好評につき、増員いたします。

定員を【40名】とさせていただいておりましたが、ご好評につき定員【70名】に増員いたしました。

予約枠は残りわずかとなっています。ご興味のある方は、お早めにお問い合わせください。

市民公開講座チラシ

市民公開講座180728チラシ

 

◎愛知県清須市・北名古屋市で肺がん、肺炎、間質性肺炎等の呼吸器科の疾患症状でお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください。

11月18日開催の市民公開講座「肺がんってどんな病気?」アンケート結果のご報告

2017年11月18日に開催しました第3回市民公開講座「肺がんってどんな病気?-増え続ける肺がん患者-」 において、ご参加いただいた方々にアンケートにご回答いただきました。ご協力ありがとうございました。

今後も市民公開講座の開催を予定しています。ぜひご参加ください♪

アンケート集計結果

アンケート集計結果HP用横

 

◎愛知県清須市・北名古屋市で肺炎、肺がん等の呼吸器疾患症状でお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください。

11月18日に齊藤院長が市民公開講座「肺がんってどんな病気?」を行いました。

 11月18日(土)はるひ呼吸器病院にて第3回市民公開講座を行いました。今回の講座は、「肺がんってどんな病気?-増え続ける肺がん患者-」をテーマに、当院の齊藤院長が講演をしました。多くの方にご参加いただき、会場は満席となりました。

 講座では、がんの解説の他に、がんの早期発見の方法、肺がんと喫煙の関係、肺がん治療の効果についてなどのお話がありました。最後の質疑応答では、多くの参加者より、実生活での肺がん予防に関する質問などが挙がりました。参加者の積極的な質問により、質疑応答は予定時間を超え1時間に及び行われました。

 参加者からは、「齊藤院長のお話が分かりやすかった」「肺がんは怖い病気であり、早期発見することが大切である」等の感想を頂きました。

 齊藤院長は、はるひ呼吸器病院・須ヶ口クリニックで外来診察を行っています。(外来診察担当予定表はこちら:はるひ呼吸器病院須ヶ口クリニック)また、はるひ呼吸器病院では、病気の早期発見のため、人間ドックも行っています。お気軽に総合受付、またはお電話にてお問い合わせください。

 

★DSC_0013

 

 

11月18日市民公開講座開催のお知らせ

11月18日(土)に当院の齊藤院長が市民公開講座を開催します。「肺がんってどんな病気―増え続ける肺がん患者―」をテーマに講演します。

肺がんは、高齢になるほど発症率も高くなります。肺がんの症状とそれに対する最新治療を学びましょう。みなさまのご参加、お待ちしています。

市民公開講座_1118

市民公開講座171118

◎愛知県清須市・北名古屋市で肺炎、肺がん等の症状でお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください。

9月9日開催の市民公開講座 アンケート結果のご報告

2017年9月9日に開催しました第2回市民公開講座「『患者さんに顔のみえる病理医』の実践 『病理医』だからこそ、患者さんのためにできること」において、ご参加いただいた方々にアンケートにご回答いただきました。ご協力ありがとうございました。

今後も市民公開講座の開催を予定しています。ぜひご参加ください♪

アンケート集計結果

スライド1

9月9日に病理部長堤医師が市民公開講座を行いました。

 9月9日(土)はるひ呼吸器病院にて第2回市民公開講座を行いました。今回の講座は、『「病理医」だからこそ、患者さんのためにできること「患者さんに顔のみえる病理医」の実践』をテーマに、当院の病理部長である堤医師が講演しました。

 病理医は顕微鏡を用いた病理検査から、臨床医の確定診断への助言を述べるため、ドクターズ・ドクターとも呼ばれています。患者さまと接する機会が少ない科目の医師ですが、堤医師は通常の病理医と違い”顔の見える病理医”を信条にあげ活動をしてきました。 

 今回の講座では、序盤に堤医師の活動の一環であるオーボエ演奏を行い、その後、病理医の特徴、日本と米国の病理医の違い、病理医の職務について説明を行いました。終盤は、堤医師の患者さまとのかかわりについて実体験に基づいた講演を行い終幕となりました。

 参加者からは、「病理医について理解が深まった」「堤医師の人柄が伝わってきた」等の感想を頂きました。堤医師は、病気についてのよろず相談も承っております。料金、予約方法については、総合受付までお問い合わせください。

 次回の市民公開講座は、11月18日(土)「肺がんってどんな病気?-増え続ける肺がん患者-」をテーマに齊藤院長が講演します。みなさまのご参加お待ちしています。

0909市民公開講座堤医師加工トリミング0909市民高公開講座トリミング

 

 

 

◎愛知県清須市・北名古屋市で肺炎、肺がん等の症状でお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください。

市民公開講座開催のお知らせ

9月9日(土)に当院の病理部長 堤医師が市民公開講座を開催します。『「病理医」だからこそ、患者さんのためにできること「患者さんに顔のみえる病理医」の実践』をテーマに講演します。

病理医の仕事である病理診断とは、主に顕微鏡を用いることによって、患者さまから採取した臓器や組織、一個一個の細胞の標本を観察し、病気の診断をします。そして、この診断が患者さまの治療方針を決める根拠になります。病理医は、普段なかなか接する機会がないので、あまり知られていません。ぜひこの機会に病理医のお話しを聞いてみませんか。みなさま、お気軽にご参加ください♪

 市民公開講座_0909

市民公開講座チラシ1

市民公開講座_0909チラシ2

 

5月18日開催の市民公開講座、アンケート結果のご報告

5月18日に開催しました市民講座「知っておきたい!呼吸器の病気」において、ご参加いただいた方々よりアンケートにご回答いただきました。ご協力ありがとうございました。

 

市民公開講座アンケート結果

 

5月18日に齊藤院長が市民公開講座を行いました。

 清洲総合福祉センターにて、5月18日に「第1回市民公開講座」を開催しました。

 今回の講演会は、清須市が主催し、市民の方を対象に齊藤院長が講演を行いました。定員の40名に達する参加者となり、多くの方にご来場いただきました。

 齊藤院長は、「知っておきたい!呼吸器の病気」をテーマに、肺炎や喘息などの身近な呼吸器疾患の予防法や最新治療について講演を行いました。

 肺炎や肺がんの患者さまの肺画像を見ていただき、呼吸器疾患の症状や特徴などの説明をしました。後半は、ご来場いただいた方からの日常生活での留意点に対する質疑応答を行いました。

 今後もこのような講演会を通して、医療に関する情報提供の場を設けたいと思っております。今年度から、はるひ呼吸器病院内での市民公開講座の定期開催を予定しております。みなさま、ぜひお気軽にお越しください。

圧縮済み

10月13日(木) 齊藤院長の講演会が開催されます。

 当院の齊藤院長が10月13日(木)に講演会を行います。

 テーマは「増えている肺の病気 ~高齢者の肺炎、COPD~」です。

 COPDは、慢性閉塞性肺疾患( Chronic Obstructive Pulmonary Disease)の頭文字をとった名前です。これは、有害物質の吸入でおきる肺の炎症が原因で呼吸困難などが生じる病気です。本講演では、COPDについて詳しく講演していきます。

 

テーマ:「増えている肺の病気 ~高齢者の肺炎、COPD~」

日時:2016年10月13日(木) 14:00~15:30

場所:名古屋都市センター14階 特別会議室
   (ボストン美術館・ホテルグランコートの建物)

対象:先着 60名

申込方法:当院にて申込用紙を配布しております。お気軽に総合受付へお尋ね下さい。

 

詳細はこちら

ページの先頭へ