はるひブログ

はるひ呼吸器病院は開院2周年を迎えました✿

 2018年5月にはるひ呼吸器病院は開院2周年を迎えました。

 医療法人清須呼吸器疾患研究会は、2012年9月に開設され今年度で7年目を迎えます。また、呼吸器疾患診療の発信地として設立したはるひ呼吸器病院としては、3年目を迎えることとなります。

 本年度はより一層、救急医療と教育研修機能の強化を図っていきます。本年4月よりはるひ呼吸器病院は「尾張西北部広域第二次救急病院」の指定となりました。隣接する尾張西北部医療圏で、課題とされてきた稲沢地区の救急医療体制の充実のため、微力ながら当院も救急医療提供体制に貢献をしていきます。

 また、教育研修機能としては、本年3月に稲沢市民病院の協力病院として臨床研修指定病院の新規指定を受けました。この指定を受けることで、研修医の臨床研修を受け持つことができます。今後は、呼吸器内科、訪問看護の分野の臨床研修を行っていきます。その他、現在福井大学病院と協力して、「慢性呼吸器疾患看護」の認定看護師の教育体制の構築が現在進行中です。

 総来院患者数も順調に増加し、地域から求められる役割も大きくなってきました。本年度も「病気を診ずして病人を診よ」の理念に基づき、患者さまやご家族の方に信頼される医療をめざし実践していきます。引き続き皆様の温かいご支援とご助言を心よりお願い申し上げます。

 

はるひ呼吸器病院様 042★コピー

ページの先頭へ