はるひブログ

2018年10月4日呼吸ケア管理室による勉強会「NPPV装着時の快適な呼吸のために」を開催しました!

2018年10月4日(木)に呼吸ケア管理室主催の職員向け勉強会を開催しました。

今回の勉強会は、西城臨床工学技士が「NPPV装着時の快適な呼吸のために」をテーマに行いました。

NPPV(非侵襲的陽圧換気療法:non-invasive positive pressure ventilation)とは、酸素を取り込む能力が低下した患者さまに対して、気管挿管や気管切開などの侵襲的な気道確保を行わずに、マスクを密着させて行う呼吸の補助の方法です。利点として、導入が容易で簡便であり、会話や食事摂取ができることなどが挙げられます。しかし、欠点としては、マスクの不適合やマスクによる障害が発生することが挙げられます。マスクの選定や装着具合によって、患者さまの不快が増したり、治療効果が低下するため、医療スタッフの習熟と慣れが必要になります。

今回の勉強会では、NPPV機器の説明、マスクの使い分け、フィッティングの工夫や皮膚トラブルの防止方法などについて臨床工学技士から説明がありました。その後、実際にNPPV機器を作動させ、マスク装着の体験をしました。患者さまの立場に立ち、体験することでNPPVについての理解をより深めることができました。

今後もこのような勉強会を通して、職員の知識向上、そして患者ケアの向上に努めてまいります。

また、呼吸ケア管理室は、患者さま向け勉強会「呼吸ケア教室」を、平日(日祝を除く)15:00~15:15にはるひ呼吸器病院内で毎日開催しています。呼吸に関したテーマを中心に、患者さまへ情報提供を行っています。こちらはどなたでも参加可能です。ご興味のある方は直接会場(1F 売店横 多目的室)にお越しください。

呼吸ケア教室表0501

 

★DSC_0745

★DSC_0749

★DSC_0762

 

◎愛知県北名古屋市・清須市で肺炎、肺がん等の呼吸器疾患症状でお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください。

ページの先頭へ