はるひブログ

呼吸ケア管理室主催の職員向け勉強会を開催しました

2019年2月21日(木)に呼吸ケア管理室主催の職員向け勉強会を開催しました。

今回の勉強会では、側島管理栄養士が「低栄養について~栄養障害にならないために~」をテーマに講演しました。

栄養障害とは、栄養素の摂取や代謝異常によって起こる状態のことをいい、低栄養と過剰栄養の両方が含まれます。今回の勉強会では、ヒトが健康に生きるために必要な量の栄養素(たんぱく質・炭水化物・脂質・ビタミン類など)が取れていない状態である、低栄養について勉強会を行いました。

低栄養の分類や原因、低栄養を判断するためのさまざまな指標や評価方法などについて説明がありました。

患者さまの低栄養状態が進行してからの介入では、食欲の回復が難しく、高エネルギーの摂取が困難となります。そのため、今回の勉強会では、医療従事者が低栄養に気付くこと、低栄養のリスクがあることを認識し、早期介入のための日頃のケアの視点など栄養管理について理解を深める機会となりました。

当院では、このような勉強会を通して、知識の向上、医療の質の向上に努めています。

 

DSC_1307

 

◎愛知県清須市・北名古屋市で肺がん、肺炎、間質性肺炎等の呼吸器科の疾患症状でお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください。

ページの先頭へ