はるひブログ

モデルナ製ワクチンについて

モデルナ製の瓶内に異物が混入していたとして、厚生労働省より使用見合わせとなるモデルナワクチンが発生しています。

該当製造番号は、「3004667」「3004734」「3004956」と発表されており、

当院に納入されていますワクチンとは、製造番号や工程が異なるものとなっています。

 

また、沖縄県の新型コロナウイルスワクチンの接種会場において、8月28日に一部バイア
ル及びシリンジ内に異物が確認され、当該ロット「3005293」の接種が中止されましたが、

こちらについては、穿刺時のコアリング等により異物が混入した可能性が高いため、

当該ロットのワクチンの品質に問題は無いと発表されています。

こちらにつきましても、当院に納入されていますワクチンとは、製造番号や工程が異なるものとなっています。

 

当院では、ワクチン接種に際して全てのワクチンにおいて異物の混入等の異常がないか、

薬剤師により入念に確認を行いワクチン接種を行っておりますのでご安心いただければと思います。

ページの先頭へ